セラピスト・ママ&サイキック?天使@幸せ探検記

セラピスト・ママ&サイキック?天使@幸せ探検記
摂食障害&重症アトピーのママがえじそんを産んだ。ママは回復してセラピストに、えじそんはフシギな子に。え!?サイキック?インディゴ?学習障害?何ソレ?何でもいいか。セラピストママとサイキック?天使の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

スピリチュアル・セッション体験4 【セラピスト&サイキック?】

さあ今日こそが最終回の、スピリチュアル・セッション体験
“ゲイのヒーラー・ジーニーさんバージョン”。(←長い題名…笑)

たまきは健康と仕事のことに絡め
人生全般のことを質問をしたのですが
たまきをリーディングしたこととご自分の体験を合わせ
ジーニーさんはとても細かく
どの疑問にもひとつひとつ丁寧にお返事をくれました。

そしてジーニーさんご自身も
こうしたクライアントとのセッションによって
その時のご自分へ気づきや学びが沢山ある、とありました。

確かにこれは、たまきにも度々(というか毎回?)あって
クライアントの方へ、リーディングで気づいたことをお話ししつつ
実はたまき自身に向かっても言っている気がしています。

なのでこの仕事は、相手の喜びや気づきや癒しにも繋がり
また自分自身への発見と学びの多いところが
たまきをずっと魅了し続けているところです。

たとえ、ご質問にお答えやアドバイスをするかたちであったにせよ
そのテーマに対し、発見や学びがあるという意味では
申し込む側も提供する側も同じ立場に立っているのだから。

時々、たまきは「先生」なんて
こそばゆい敬称をつけ読んで頂くのですが
(↑コレはホント恥ずかしいのでやめて下さい)

たまきのリーディングは
そんな教える・与えるとかいう偉いものでなく
クライアントと共に机を並べ、「へぇ~」「ほほぉ~」などと
その人の“人生の物語”を一緒に読み解くようなもの。

その人の人生物語に付いている、困った時用の解説書を
数字やタロットで翻訳して読むだけ。

ジーニーさんの場合はこの翻訳作業(勝手に名付けてすんません)を
占星術や他のやり方でされるようですが
さらに、その人に必要な様々な種類のエネルギーを
届けてくれるのがまさにヒーラーなんですね~。

たまきとのセッションの際
クライアントさんが“なんか楽になった”とか言われるのは
ご自身が自らの中にある癒しの力を発揮され
ご自分で自分を癒された、ということなのでしょう。

たまきがしているのはリーディングですから。
(↑時折りヒーリングしてと言われますが…まだできません)

ヒーラー・ジーニーさんという人は
たまきとはまた違うスタイルで、人の癒しに関わられる方ですが
クライアントと共に、目に見えない世界へ
純粋に真摯に関わられる態度は
とても尊敬できる、見習いたい姿勢だな~と感じました。

前半のメールセッションの後、納得してからお振込みという形でしたが
納得するも何も、こんなにして頂いて早く振り込まなきゃ~申し訳ない
てのが、たまきの正直な気持ちでした。
(↑というわけで即日入金。時間もあったし)

セッション代金以上のエネルギーと気づきを
すでに前半だけで受け取ってしまったいたのです。
(↑ココは大阪人なので?天秤にかけちゃってスイマセン。)

たまきも実際に代金をお受け取りする側として
支払って頂く金額以上の何かを得てもらうのは
毎回心がけるところです。

その価値を図りにくい、目に見えないものだからこそ
これは結構大変なわけですが、逆にヤリガイだとも言えます。

なぜなら、その人自身(得たもの)の使い方によって
その価値をどこまでも大きく出来るから。
もちろんコレは、目に見える商品でも同じなんですけどね。

後半に頂いたアドバイスも、前半に輪をかけて丁寧で
とても的を付いたものでした。

自分自身で気づかないこと
気づいてはいるけどイマイチ対処に困っていること
それらをどうすれば今後の良い変化・成長につなげていけるか
ほんとに沢山の方法を書いて頂いていました。
(↑コレでもか!というくらい:笑)

お得です!(←スイマセン、やっぱ大阪人です)
良かったです!ホント良かった!

人として、母親として、セラピストとして、沢山気づきがあって
何よりその証拠に、色んなことがさらにイイ感じで変化してます。
(↑たまきの場合、まずセッション直後たて続けにありました)

同じ見えない分野のお仕事に携わる一人として
超おススメのヒーラー・ジーニーさま体験。
              (↑いつのまにか“さま”扱い)
より沢山の方がジーニーさんのセッションを受けられ
どんどん幸せエネルギーを増幅して貰いたいですね~。

いつかたまきの住む関西にも来てもらい
関西人の早歩きが“まったり”するほど
関西の地を癒しエネルギーで包んで貰いたいな~と願う
たまきなのでした。 
《スピリチュアル・セッション体験
ヒーラー・ジーニーさんバージョン:報告終了》
スポンサーサイト

スピリチュアル・セッション体験3 【セラピスト&サイキック?】

さてさて、今日もスピリチュアル・セッション体験
“ゲイのヒーラー・ジーニーさんバージョン”の、続きです
   (↑勝手に名前がつきました)

たまきからメールセッションのお願いのメールをし
その数十分後に依頼受けました&お礼メールを頂き
それから数日して、待ちに待った前半のお返事が届きました。

文章を読む側・書く側としていつも思うのですが、文章というのは
どうしてこうも書き手の人柄というか、その人そのものを
シミ~ジミ、ふか~ぶかと表してくれるのでしょうか…

スピリチュアルっぽく言えば、書く人のエネルギーを表す?
とでも表現するのかな。

特にブログのような、その人の内側から言葉を紡ぎ出すようなものは
本来その人が持つその人らしさが
文の中ににじみ出ているなぁと、いつも感じますね。

それは文の長・短に関係なく
たとえ文体や文末を工夫してあったとしても。

そしてご縁があり、直接ご本人にお会いしてみると、やっぱり!
感じるんですね~同じ部分を。その人の奥に。

一見、文章と実物に大きなギャップを感じることもありますが
よくよくお話ししてみると、隠しておられるんですね、その人らしさを。

大人になるにつれ、人はどんどん沢山の仮面を身につけていきます。
でもその奥の、本来のその人らしさというものは変わらない。
というか、変わり得ないものです。

逆にソコから離れるほど
自分らしくいられない、生き辛さの様なものを感じるようになります。

たまきは文章を書く時
それが自分以外の人に読んで貰うことを意識したものはなおさら
できるだけ、たまき自身やその思いがそのまま伝わるよう
飾らないことを心がけて書いています。

そのために文才を疑われようとも(笑)

***   ***   ***

なんか、どんどん話しがソレてます(苦笑)
なので戻して…

まず、たまきがメールセッションの申し込みと質問をして
直後にエネルギーを送って下さったのは
その時のたまきに、何のエネルギーを送ればよいか
スグわかったからだそうです。

通常は、セッション後に必要なエネルギーをリーディングして
クライアントの方に送られるとか。

実際にたまきも、前半のアドバイスと後半のアドバイスの後にも
それぞれ違ったエネルギーを送って頂いたそうです(←大判振る舞いダ)
前半・後半の時は、寝てて気づきませんでしたケドね(笑)

でも確かに朝目覚めたとき、いつもとは違うスッキリ感というか
軽くなっている自分を確かに感じました(←別に痩せたわけでなく)

もちろんエネルギーなので、人それぞれに感じ方はあるし
体感することにこだわることはなく
ただ、そのことを機会に、自分の周りの大小様々なことが
何か動き出していることを感じられるというのは多いでしょう。

その時は気づかなくても、後で「そういえばあの時から…」
なんてのは、ヒーリングの後でよく聞く話です。

本人は慣れ親しんだ自分に起こる、いくつかの変化の一つなので
小さな変化などは見過ごしがち。
でもその小さな一つが、後に大きな変化に繋がるのです。

というより大抵は、大きな何かがど~んと訪れるより
小さな変化から始まり、それが積み重なり大きな変化を生む。

だって毎日は、奇跡の積み重ねでできてるんですもん♪

周りの人や久しぶりに会った人から
「あれ?なんか違うね…イイことあったの?」
な~んて尋ねられたら、まさにイイ方へ変化してる証拠。

「別に~」と否定せず(笑)
「そ~お?うん、そうなのよ~。実はねぇ…」
なぁんて、幸せのおすそ分けをすると
またさらに良い変化が…。

ちなみにジーニーさんから送られるエネルギーは
自然界や宇宙や様々なスピリットから力を借りたもので
必要に合わせ、ジーニーさんがチョイスしてくれるものだそう。

さすがエネルギーを操るプロヒーラー

ちなみにたまきは、タロットと数秘術を操る
怪しい楽しいセラピストです。

そして息子えじそんのトビっぷりには
いつも操られっぱなしのママです。

またまとまらないかった(涙)…次回へ

(つづく)

スピリチュアル・セッション体験2 【セラピスト&サイキック?】

さて、無事に質問内容を書いたメールが仕上がり送信。

ちなみにジーニーさんのメールセッションの手順は
とってもわかりやすく、簡単で、良心的です。

・・・・・・・・・
①クライアントが質問を送る
②それに対する前半のアドバイスが送られ、これに納得すれば入金。
③さらに前半アドバイスに対する質問などを書いて送る
④後半のアドバイスと合わせ、ジーニーさんからエネルギーが送られる
⑤おしまい
・・・・・・・・・

という仕組み。

たまきが知るメールセッションの殆んどは
入金を済ませてから、ヒーラーやセラピストさんに質問を送るかたち。

たまきも実は少し前までそうしていました。

でも、電話・メールセッションなどは特に
実際に直接お会いしたことのないクライアントさんが殆んど。

こちらのお答え(お送り)する内容が
きちんとクライアントさんの要望にお応えできていて
果たして満足して貰えたのか。
お送りした内容に対し、さらに疑問点などなかったか(←大抵はある)

毎回メールセッションの内容をお送りすると同時に
遠慮なく質問などして頂くように書くのだけれど
結構遠慮されて、お礼のみ・受け取るだけという方が多いのですね。

実際に今回メールセッションを利用してみて
クライアントさんの遠慮される心理がよく理解できたので
(↑日本人はホントに謙虚です)
たまきもこの後からお返事を前・後半に分け
納得後入金して頂くかたちにに切り替えました。
(それまでのクライアントさんスイマセン)

こんな風にクライアントの立場を経験して、毎回学ぶことがあるので
セッション体験は欠かせないな~と
まだまだ未熟者たまきは思うわけです。

***   ***   ***

というわけで話しを戻し…

さぁどんなお返事が返ってくるのかな~と、ちょっとドキドキ。
寝る前にその日のニュースなどサイトでチェックし
(↑ウチはテレビも新聞も置いてないので)

そろそろ寝ようかな~とベットに行きかけると
(↑えじそんはたまきを待てず、既に夢の中)
「ポ~ン」メール受信の合図。

思わずメール受信画面を覗くと、なんとジーニーさんからのメール。
え?たまきが送ってまだ30分と経ってないのに。

「は、早いな…」

宛名からして、送信確認の自動返信メールでも無いし
たまきの質問が簡単すぎた?いや日本語になってなかった?
はたまた「こんな質問受付られません」とか?いや~ん(←妄想)

しばし緊張が走る。(←たまきは緊張しぃなのです)

「ひ、開いてみよう」(とりあえず)

さっきとは違う意味のドキドキを感じながら(←爆弾じゃないのよ)
いざメールを開こうとした時、今度は「ほわゎゎ~ん」
胸から頭にかけてに、何か温かいものが伝わったのを感じが。

「あ、エネルギーが送られてきた」

瞬間的にそう感じました…なぜか(笑)

これはあくまで“たまきの感じ方”ですが
ちょうど、そう、ヒーターの温風を一瞬浴びた感じ?(←表現力が…)
いや、もっと優しく暖かな、春の風に吹かれた感じかな(←まぁまぁ)

たまきにはちょっと(あくまでちょっと)面白いところがあって
相手の優しく温かい気持ちを強く感じ取ったとき
全身(特に上半身)が一瞬「ぽっ」と温かくなったり
時間が一瞬止まったような感じになることがあります。
(↑照れてカッと熱くなるのとはちょっと違う感じ)

それはさておき、これはたまきにとって「イイ」サイン。

嬉々としてメールを開くと、そこにはジーニーさんから
メールセッションの申し込みに対するお礼と
改めて後日アドバイスを送って下さることが書かれていました。

そしてなんと、このメールの直後に
エネルギーを送って下さったとのこと。やっぱり!

あれれ…ちょっとまてよ。確かエネルギーは
入金後の後半アドバイスと一緒に送られるじゃぁなかったのかな…

ナゼ?ギモンだ…しかもまだ前半の返事も貰ってないのに。

たまきの質問に切迫したものを感じたのかな…
いや、そんな内容でも無かったし。
ギモンだ、ギモンだ、ギモンだぁ~~~

と、気にかりその夜はなかなか寝付けず…ということは全く無く
いつもよりぐ~すりとよく眠れました zzz。

きっと、ジーニーさんの送ってくれたエネルギーが効いたんですね。
ありがとうございます~♪

さぁ前半アドバイスが楽しみだ~
(つづく)
●たまきの生態 コメント(0) トラックバック : -

スピリチュアル・セッション体験 1 【セラピスト&サイキック?】

たまきは年に何度か、同じお仕事をしておられる先輩方のセッションやセミナーに、伺うようにしています。

目的はいくつかあります。

まず一つは聴きたいことがあるから(←当たり前過ぎ)

もちろん普段、自分の問題について悩んだり迷うことがあれば
何より自身の内側にたずねてみます。
「で、あなた自身はどうしたいワケ?」と。

さらにその声が聴こえ辛いと感じるときは
タロット・数秘術・エンジェルカードなどのツールを使い
メッセージを通して内側の声を聴きます。

これが日常で出来ることは、本当にありがたい。
特に、本来とても迷いやすい、たまきのようなタイプには(笑)

でもそれでも、自分の出す結論・感じる声に
客観的で強力な後押しが欲しい時
(↑あえて人に言って貰いたい…と言うのかな))
私はそれを、尊敬する先輩方にお願いするのです。

***   ***   ***

もうひとつの目的は学びのため。

こころの分野に関わって10年とはいえ
どの分野もきっとそうだけれど、学びに終わりはありません。

なので、ある先生や先輩方にたまきの“いいぞアンテナ”が反応すると
セミナーや勉強会やセッションなどを受けに行き
できるだけ直接お会いして
スピリチュアルリーダーとしての姿を学んでくるのです。

そのような方々は、やはり皆さんとてもパワフルで
直接お会いする前に、予約や申し込みのメールとかを送っただけで
たまきのところに元気のエネルギーが届いてしまいます。

心のさらに奥が、じんわり暖かくなる感じかな。
そんな方と繋がって、たまき自身もとても喜んでいるのでしょう(笑)

なので、メールのお返事を待っているときや
直接お会いできるそのときまで
遠足の前日のようにワクワク・ドキドキ(←かなりミーハーです)

***   ***   ***

そして三つ目の目的が
この、返事を待ったり直接会うまでの訪れる側の気持ちを忘れないため。

たまきのクライアントの方には、たまきにも子供がいるせいか
お子様をお持ちの方が結構いらっしゃいます。

お子様以外でも、家庭をかかえる主婦にとっての数時間の外出は
家事の段取りやご家族の了解など
何倍もの時間や労力のエネルギーが必要となります。

もちろんそうでない立場の方々も
貴重なご自分の時間やお金のエネルギーを使い
たまきのセッションに来て下さるので
その状況、そのお気持ちを忘れないでおきたいなと思うのです。

***   ***   ***

そんなわけで、今年は“いいぞアンテナ”が反応しまくっているので
既にお二人の先輩方のセッションを受けちゃいました(笑)

そのまずお一人目は、以前たまきがブログにも書いた
スピリチュアルアドバイザーでヒーラーのジーニーさん。

ジーニーさんは東京の方ですが
メールでもセッションをされているので、こちらをお願いしました。

ジーニーさんはヒーラーなので
メールセッションでもエネルギーを送ってくれます。(←嬉しい♪)

そこでまずはセッションして欲しい内容をメールにまとめます。

と、そこへえじそん登場。

必死に文章をまとめ上げるたまきの膝や肩に乗っかり
画面をしきりにのぞき込みます。

えじそんは時々、人を見ては面白い反応をします。
以前も、とあるチャネラーさんのサイト写真を指差して

 ママ~、この人だ~れ?ハネ、はえてるね。天使?(←フツーの写真)
 え、あぁそうね、確かにそれに近い名前だけど…
        (↑ビジネスネームに天使の名前がついている)
 やっぱりね!
 (←やっぱり?)

なので今回もえじそんに聞いてみました。

 えじそん、今このお兄ちゃんに手紙を書いてるんだけど
   なんか感じる?
(←完全にヘンな親子)
 ちょっと待って、パワーでみてみるから(←パワーって?)

えじそん左手を開いて写真に向け、ぎゅっと目をつむります。

 …う~ん …
 (←ちょっと期待)

 
 (←かなり期待)

 うん!かっこイイね♪
 あ、そ。(←フツーだ)

え~、やはり右脳教育にプレッシャーはいけません。

さて、ジーニーさんからのお返事とえじそんの将来はいかに…?
                     (↑これはちがうか…)
 (つづく) 

自分探し 【セラピスト&サイキック?】

こころの分野に関わって10年。

最近は、学び始めた頃から今までのことを
シミジミとよく思い出します。

サラリーマン時代もこころに関わる勉強を続け
仕事の内容も人事・教育・癒しなど
こころの分野と隣り合わせだったのに
やっぱり自分が本当にしたいこととはなにか違う…

当時はそんな思いを抱えながら、ずっと自分探しを続けていました。
もちろん人は、一生自分探しをしているんですけどね。

そうしてようやく出会えた、自分の本当にやりたいこと
それが、今のお仕事です。

これからも微妙に変化や進化したりはすると思うけど
このお仕事からは離れない。それは断言できます。

なぜかというと、大好きだから(笑)

***   ***   ***

初めてリーディングの仕事をした日のことは
とてもハッキリ覚えています。

ほとんどお仕事とは言えないような
一緒にタロットを学んだ友人と開いた、無料のミニイベント。

でもたまきの中では、その日がデビューだったわけです。

ほら、よくあるでしょ?
アイドル歌手がデビューしたての頃
初めての舞台はデパートの屋上で、お客様は一人だった…とか。
(↑たまきがアイドルと呼べない歳だとはよくわかってますが…笑)

イベント前日はガチガチに緊張して、全然眠れませんでした。

ただでさえ緊張しいで、すごく恥ずかしがりや。

ちゃんと喋れるかな…数字の意味やカードの並べ方忘れてないかな
たまきの前には誰も座ってくれないんじゃないだろうか…などなど
次から次に不安な気持ちが広がって、もう休んじゃおか、とか。

でも結局そんな感じのまま、イベント会場へ。
場所は、一緒にイベントを開いた知人のサロンでした。

机のセッティングを終えても、座って待つのは落ち着かない。
そこで何度も何度もトイレへ。

鏡を見るたび「大丈夫!大丈夫!」と、自分に言い聞かせ、笑ってみる。

で、そうこうするうちにお客様たちが来てしまい
いざ始めたわけですが…

とにかく自分を忘れてましたね。
というか、自分じゃなかった(笑)

一緒にやった友達は、時々休憩コーナーでお客様とお話してたけど
たまきは席を離れることができなかった。楽しすぎて!

こんなに面白い世界があったんだ~!
これが今までずっと求めてきた感覚だ!
たまきの本当にやりたいことはコレだぁ~♪って。

結局5時間ほどぶっとおしで8人ほどリーディング。
だけど不思議と疲れない。(←声はちょっと枯れてた)
緊張なんか飛んでましたね~。

後でお客様になってくれた人たちに聞くと
「もう10年くらいやってるのかと思ってたよ~。」って。
(↑これは言い過ぎ)

まぁそれくらい堂々とやってたらしいです。
緊張しぃだとか、眠れなかったとか言っても信じてもらえず(苦笑)

もちろん、お客様が自分の悩みに答えや光を見い出して
喜んで貰えたのはすごく嬉しかった。

でも何より嬉しかったのは、たまき自身がとても楽しくて
自分の本当にやりたいことがわかったこと。
もう、これを一生やっていこうって。

そうしてその日は、久々にぐ~っすりとよく眠れました。

***   ***   ***

「誰にでも、その人にとっての一日目がある。
 その日を超えないと、次の日は来ないんだよ。」

これは先日、たまきにとって先生とも呼べる
この道の大先輩がたまきに言って下さった言葉です。

誰にだって初日はあるけれど
その日でさえ、もう何十年もやっている人になりきってやる。
そうすれば、本当にその姿になっていけるのだと。

確かに初日だったあの日、たまきはなりきっていたのかもしれません。
そしてこれからもずっと、なりきっていくのでしょう。

自分とは、生まれたときから確かに自分なのだけれど
立脚点が無ければ、自分というものが何かわからない。

だからこそ人は、人生の中で色んな役割を演じて
これは自分らしい、これは自分らしくないなどと
自分探しをしているのですね。

本当の自分を知るために

ワケありリンゴ【セラピスト&サイキック?】

この冬えじそんとたまきがハマった
食べ物のひとつがコレ。


袋には“理由(ワケ)ありリンゴ”とあります。
撮影者の腕が逸品ゆえ
チョッと見にくいのが難ですが(笑)

ワケあり
なんだか興味をそそられる言葉です。

ただのリンゴでなくワケあり
何か深~いモノを背負っているような、この響き。

他のリンゴ達の追随を許さない
独特の風格すらを漂わせます(←大げさです)

え?ただのキズものだろうって?
いえいえ、それだけではありません。

この“ワケありリンゴ”ちゃんたち
見栄えが少々劣る点などから
“ワケアリ”なるレッテルを貼られ
他の理由なしリンゴ達より
不利な状況に追いやられています。

そのためリンゴ農家のおじさん、おばさん達は
(↑お兄さん、お姉さん達もいます)
どうすればこの“ワケありリンゴ”ちゃんたちが
無事巣立ってくれるだろうか…

と、日夜寝る間も惜しんで?思案を重ね
手の限りを尽くし
ワケありリンゴ”ちゃんたちをなんとか
世に送り出そうとするのです。

こうして農家の方々から
よりふんだんに、溢れんばかりの愛を受け取り
いっそう味に深みを増した“ワケありリンゴ”ちゃんたちは
次なる愛の担い手・その身を食する主たちのもとへ
愛の伝授にやってくるのです。

人が何かを食するとき
その食物の栄養素はもちろん
これを生産し、流通し、販売し、調理した人々の
全エネルギーをも同時に頂いているのだと
何かで聞いたことがあります。

より多くの愛に包まれ
愛まみれになったワケありリンゴ”ちゃんたちだからこそ
これほどまでに美味しいのですね~♪

あ~きっと人生も同じ。
喜怒哀楽色々なことが詰まってるから
面白いのです。

人生には色々波があるけれど
その波があるからこそ人生は楽しい。

一見、“辛い”と想うことがあるから
その逆、“幸せ”がナニかがわかるのです。

“辛”の字に横棒を1本加えたら
“幸”の字になるって
誰かが言ってたな~(←忘れた。けど上手い!)

などと、今日も美味しいワケありリンゴちゃんにをかじりながら
人生を思うたまきでありました。

 ※ちなみにワケありリンゴには
  色んな産地、色んな農家様のものがあります。
  この際食べ比べて
  色んな愛の味に触れるのも?楽しいかも…(笑)

  それから、ワケなしのリンゴも
  もちろんスゴク美味しいので
  たまきは大好きです。

  ごくたま~にワケあり過ぎて
  食べるとこがほんのちょっぴり…
  なものに出会うこともありますが(涙)
  アレはきっと流通過程とか
  スーパーで転がって落ちたのが原因でしょうね。

JAL子供一人旅2 【セラピスト&サイキック?】

待ちに待った旅立ちの朝。
さわやかな気持ちで送り出してあげたいな…
と、仲直り策を思案していると

 ママおやつ食べていい?

“おやつは弁当の後と相場が決まってるじゃぁ…”
と、言いかけると
もう一人のたまきがささやく。
“そんなの誰が決めたのよ”

そう、そうなのだ。

学校の集団遠足じゃないんだし
おやつでお腹がふくれ
お弁当の時間がズレ込んだりお残しをしても
そこでえじそん自身何か気づくことがあるだろう。

出発前にササクレだった心をおやつで癒し
気分転換を図る算段かもしれないし。
(↑全く持って考えすぎのたまき)

というわけでおやつOKの返事をもらい
久々に嬉々たる表情にて
えじそん厳選のおやつ袋から取りい出したるは…

都こんぶ

なかなか渋い選択です。

これまた嬉々たる表情にて
セロファンパッケージをクルクル開き


そのゴミをおやつ袋にグイと突っ込んで
何枚もくっついた都こんぶの中から
一枚だけを、慎重に丁寧に剥がし

パクリ




かなり酸っぱいようデス(笑)

最近、けちんぼ病克服宣言をしたえじそん
 
 ママいる?

申し訳の、薄っぺらい一枚だけを
たまきにもくれました(笑)

そうこうするうち空港到着。
二人の仲も、まぁ回復(苦笑)
ところがここで、たまきの勘違いにより
出発時刻2時間前に到着したことが発覚。
(↑たまき、よくやります)

待ち時間長いデス…

まぁ遅れるよりマシか、と開き直り
手続きを済ましても有に余る1時間半を
ウィンドウショッピング。

結局ゆっくり楽しめました。
楽しみ過ぎ、ゲート集合に遅れ
アナウンスで呼び出される始末。
(↑たまき、この手もよくやります:笑)

慌てて走りこみ、セーフ!
キレイなお姉さん楽しい旅に心奪われたか
ゲートを越えるとたまきに手を振るのも忘れ
夢中でお喋りしながらえじそん搭乗へ。

母親なんてそんなもんです(泣)

えじそん、元気でいってこ~い!

JAL子供一人旅【セラピスト&サイキック?】

今日からえじそんは春休み。

えじそんはいつも、学期間の長期休みに
JALのキッズおでかけサポートを使い
北海道の親戚の下へ子供一人旅
(といっても飛行機にのるだけ)

これはかなり便利です。

搭乗口からは客室乗務員さんが付き添い
混雑を避け優先して、もしくは最後に搭乗し
席も客室乗務員さんの目前。

東京で乗り継ぐ際もずっと付き添ってくれて
到着先空港でお迎えの人に引渡すまで
しっかりサポート。

面食いでキレイなお姉さんに弱いえじそんには
たまらないVIP待遇です(笑)

これまでも何度か書いたように
えじそんには時折り学習障害などを疑われる傾向があり
(結局毎回、違うみたい…て最後に言われるケド ←ビミョー)

学校でもよく
「○○ができない」など減点方式で見られることが多く
負けず嫌いのえじそんも少々傷心気味です。

そんなえじそんの散漫な注意力にちょいとスパイスを与え
一人で何かを成し遂げられる自信をつけさせ
違う気候・風土・人々の中で様々な刺激を受けさせてあげたい

そんな目的のもと
えじそんの北海道子供一人旅
年3回、実施されています。

実はこの一人旅、小学校に上がったら…と
えじそんが生まれたときから既に
たまきの頭の中で計画されていたもの。

正直、旅費は毎回イタイ(←往復飛行機だし)
けど普段、忙しやのたまきは
えじそんをどこかに連れていくこともあまりなく…
一生の経験がえじそんの中に残るのだから、まぁ良し。

児童誘拐など物騒なご時勢で
「とんでもない!」と周囲は猛反対かと思いきや
私の両親も北海道の親戚も好反応。

北海道側は、すっかりえじそんを気に入り
普段もえじそんに手紙を送ってくれ
えじそんが返事が出せるよう
北海道の宛名と切手を貼った封筒まで同封。

えじそんもそんなご親戚が超お気に入り。
毎回楽しみにしているのです。

というわけで
数日前から興奮で眠れぬ夜をすごし
出発日を指折り数え待つ。
たまきも、遠足前の(遥か)昔を思い出します(笑)

えじそんたっての希望により
終業式はお休みし、ご出発。(←先生方すいません…)

そんな待ちに待った朝なのに
えじそんなにやらご機嫌ナナメ。

たまきにへんな言いがかりをつけたり
妙な口答えをしてみたり。

いつもは学校で我慢の“おてておっぱい”も…
20070325023931

携帯カメラをむけると
普段はご機嫌ポーズのえじそんも寝たフリ
200703250239312

顔を隠したり(苦笑)
200703250239314

起きて早々、あまりにご機嫌でフザケ過ぎ
飛行機出発時刻を気にするママから
急かされたり叱られたり。

そしてしばしのママとのお別れも
実感がわいてきたのか…(←とたまきが勝手に想像)

最初は笑っていたたまきも
段々不機嫌になり…

せっかく出発の朝なのに
険悪なムードでお互い口をきかずのお見送りです。

“もっと大人になれ、たまき!”

イヤイヤ私も人間ですから(笑)

さぁ果たして
この険悪ムードプンプンのまま
子供一人旅の出発となるのか…(つづく)

実験教室:茹でる【セラピスト&サイキック?】

えじそんはお料理が大好き。

赤ん坊のころから、おもちゃ同然に
食材へなみなみならぬ興味を示す。

これからの男は料理の一つもできなければ…
との、たまきママの発案により
2歳のクリスマスには
サンタさんへおもちゃのキッチンセットを依頼。

折りしも、食育には
調理の時から子供に参加させるのが良いとかで
自分の口にするものくらい触れさせておこうと
できるだけ一緒に料理をするよう心がけました。

というわけでえじそんは
お菓子作り・パン作り・日々の献立作り
時にはママのけん制を振り切りながらも
強引に積極的に参加(泣)

こうなれば、2代目道場六三郎を目指し
料理の鉄人にでもなってくれるのかと思いきや
大きくなるに連れ
料理に関心を示す、真の意味が発覚。
(↑大げさ)

えじそんは、正確には料理好きというより
食材で実験するのが好だったのでありマス。

それぞれバラバラだった食材
切る・混ぜる・こねる・焼く・炒める・揚げる
調味する…などの工程を通し
全く違った新しい形・料理へと変貌していく。

その様を体験したいがために
えじそんはママの料理邪魔参加するようです。



ちなみに今日はパスタ料理
冷蔵庫の残りもの:山菜の水煮と春キャベツで
山菜&春キャベツパスタ(←そのまま)を作ります。

ママがキッチンで料理を始めると
呼ばずとも飛んできておめめキラキラ。

えじそん手伝うね?
 …うん (←断っても無駄)

たまきが野菜を切る間に
えじそんはパスタのお湯の前で
なにやら神妙な表情にて沈黙。
200703250238554.jpg

ナニやってんのかな?
実験!パスタの茹でたところと、茹でてないところの
  あいだのところはどうなってるのかな~と思って。


子供って、大人の思わないところに着眼点をもつものですね。

パスタのお湯切るよ~
え"~もう? (←かなり残念そう)
  おお~っスゴイ! 
え?ナニが?
発見だ!あいだのところはね、ちょっとだけやわらかい!
 へぇ~ (←当たり前と言いたいのを我慢)

いや、しかし
こういうものなのかもしれません。
色々なことを覚えていく過程とは。

むしろ人間の脳は、乾燥パスタとは逆。
柔らくて、新しいことへ敏感に反応していた脳が
段々固くなり、発見や感動へ鈍感になる。

子供はそんな大人に
純粋な気持ちを思い出させてくれる有難い存在。

と、一人感動するママの目を盗み
えじそんはお決まりの…
20070325023856.jpg

盗み食い…失礼、味見。

野菜とパスタを炒めるところにも参加して
えじそんかなりご満悦。

スプーンとフォーク用意するね!

と、はりきって用意してくれたものの
よく見ると下に引いているのはティッシュペーパー
(↑貧乏くさいな)

たまきがブログ用に写真を撮ろうとすると
強引に手などを割り込ませ
少しでも自分が写ろうとするえじそん。

しょうがなく最後は
200703250238562.jpg

顔ごと撮影。
プロフィール♪

たまき/ えじそん

Author:たまき/ えじそん

ようこそ! このブログへ♪
ここでは、摂食障害&重症アトピーの体験を経て心理カウンセラーになり、今じゃ数秘術&タロットなんかもやっちゃう変なママたまきと、その子供でちょっと変わった?(本人曰くサイキックだからとか)えじそんの毎日を綴ります。世の波に乗れない超マイペースな二人。どうぞ温かく見守ってね!

【血液】二人とも、B (笑)
【性格】二人とも、シャイ♪
【趣味】二人とも、読書・料理・PC
    夜更かし・不思議の世界
【興味】二人とも、食べること
【得意】二人とも、忘れるコト
【家族】二人♪
【将来】えじそんは格闘技と読書を愛する内も外も充実した男に。たまきは年中暖かいアメリカ西海岸で、ヨガ&ヒーリング三昧の穏やかな日々…のハズ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。